なに着て行く?結婚式お呼ばれスタイル

和装姿で結婚式に参列する際のマナーとは?

結婚式に、和装で参列される方も多いことでしょう。よく見られる和装と言えば「振袖」。袖の長さによって、大振袖、中振袖、小振袖があり、一番袖の長い大振袖が未婚女性の第一礼装とされています。
しかし、最近の結婚式では、新婦が大振袖を着用する姿もよく見かけます。そのため、大振袖が第一礼装であるとはいえ、新婦が大振袖姿の場合は、新婦よりも目立たないよう、袖の短い和服で参列しましょう。また、振袖の色や模様が新婦と被らないよう、事前に、新婦の衣装を確認しておくようにしましょう。
未婚既婚に関係なく着用できる和装に、「色留袖」があります。色留袖は、上半身に模様がついていないため、落ち着いた大人の印象になります。
「訪問着」も、未婚既婚に関わらず着ることができますし、高級感のある結婚式だけでなく、レストランウェディングなどでも違和感がありません。派手な色を選ばなければ、訪問着姿での参列が最も無難と言えるでしょう。

黒い服装でもコーディネート次第では参列可能

結婚式でドレスやワンピースを着る際に、白や黒の服装はNGというのは、常識中の常識ですね。
ですが最近では、黒い服装で参列する方も多く見られます。黒と言っても、全身真っ黒というわけではなく、ネックレスや胸元のコサージュなどのアクセサリー類を色鮮やかなものにしたり、ゴールド系で豪華な印象にするなど、コーディネート次第では、結婚式向きの装いになります。また、洋服の素材も、ラメ入りや光沢のあるものにすると華やかな印象に。ストールやショールといった羽織物を、ベージュ系の明るい色にするのもおすすめです。
また、参列者の中には、上半身と下半身で色が分かれているセパレートドレスや、ツーピースのスーツ姿は、別れをイメージする服装でよくないと考える方がいらっしゃるかもしれません。このような服装がマナー違反であるという根拠はありませんが、イメージ上、よく思わない方がいるのも事実ですので注意しましょう。